FC2ブログ

アップデート‥??

古代米監督が少し目を離している隙に、
どうやらアップデートされたようです。

アップデートの内容もよくわかりませんが
とりあえず、アップデート前までのまとめ。

対ジリンガム戦以降‥
2012y12m21d_024924315[1]
好調!そう一言でいえば好調でございます!!
勝ち切れなかったモヤモヤ状況から一転、勝ち切れるしぶとさが出てきました。
Claytonを左ウィングで使う選択肢ができたことで、攻撃の幅が出てきたように思います。。

しかし、一番の好調の要因は、控えDF達の活躍でしょう。
左SBの怪我や、CBのカード累積等‥決して順調といえない状況をU-18から急きょ駆り出された若い子たちが無難に穴を埋めてくれました。守備って大切です。。
て、事でGK1人補強^^
Aidan Grant
2012y12m21d_025229757[1]
まだ若いですが空中戦に強いGKです。
うちのDF陣少し高さがない気がするので^^;

なんだかんだで‥
現在2位!
目指せ昇格!目指せ優勝!
2012y12m21d_025417919[1]

だんだん雑になるブログ記事が気になりながらも、古代米の監督生活は順調です><b
スポンサーサイト



負けられない戦い!!

ついに、その日はやってきた
11月5日(火)よく晴れた天気の中、
我らが「ぽっぽや」はジリンガムのホームタウンへと乗り込んだ。
調子のあがらない「ぽっぽや」
2012y12m12d_232046608[1]
負けてこそいないものの引き分け多い。^^;
リードしても終盤に追いつかれる。。
勝ちきれない‥
そんなもやもやしたチームの状態のまま運命の日はやってきた‥
負けられないたたかい‥そうあのチームとの対戦の日が‥

緊張した表情の古代米監督‥
それとは対照的に選手たちは、特に思い入れもなくリラックスした表情でくつろいでいる。
試合前のミーティングでも「なんか監督一人で興奮してるぞw」と冷たい視線が‥。。
そんな温度差の中で試合は始まった。><

ジリンガムは名将〇〇の戦術とは違い
意表をついた4-1-3-2
2012y12m11d_160331885[1]
DMFとCDの3人でうちの1トップ クレイトンを封じるつもりか。><
それを見越して‥いたわけではなく、
ただの気まぐれでクレイトンを左ウィングに置く采配をみせる迷将古代米!
2012y12m11d_160350118[1]

試合開始そうそう闘犬リーが牙をむく!
前半5分でイエローもらってました。w

試合は迷将古代米の采配が当たり、前半14分
右ウィングのWestの早いクロスが1トップのIbehreを飛び越し、逆サイドに飛び込んだClaytonが先制ゴール!
その後も右ウィングwestが前半に2得点を決めるなど
前半で試合を決してしまいました^^/♪
「ぽっぽや」は後半主力選手を休ませる余裕をみせて勝ち点3をいただきました。
ごちそうさまです。^^
その結果が↓
2012y12m11d_161408200[1]
ジリンガム降格争いにぃぃ~~
がんばれ!ジリンガム~
頑張れ名将><
来年も対戦したいぞ‥‥

ようやくシーズンスタート^^;

最近バタバタしていて、なかなか進められませんでしたが、
リーグ戦も10試合ほど消化できたので途中経過を。。
まずは試合結果
メンバー表
きわどいスコアが続いていますが、一応プレミアリーグのフルハム以外には無敗を続けています。
負けてこそいないものの戦術は試行錯誤が続いています。
守備
昨シーズンのマンツーマンディフェンスからゾーンディフェンスに変更し、
4バックの前にアンカーを置き、CHにはレジスタ(D)とHW(S)
基本、相手の中盤にプレスをかけ、FWにはタイトマーク
相手FWのスピードに合わせてディフェンスラインを上げ下げすることで守備面は安定してきました。
攻撃
Ibehreの加入で攻撃のオプションは増えましたが、
基本1トップ+ウィング2人です。
昨シーズンは左利きのウィングがいないため、
IF(A)+P(A)+ChM(S)という組み合わせで、右サイドからの組み立てを模索しましたが、
今シーズンは提携クラブのマンUからレンタルで左ウィングをレンタル♪
レンタル
(本当はDMFを借りたかったのは内緒。><)
スピードもスキルもある左利きウィングです。
この子の加入で、左サイドを安心してウィングに設定できるので、
W(S)+P(A)+W(S)や、W(A)+TM(S)+W(A)など
サイドにシッカリ開いて中央に走りこむスペースを‥と、思っています。

実際は、シーズン序盤の過密日程とU-21代表の離脱+軽傷などで
リザーブやU-18チームからかき集めてのりきってる感じです。
試合結果1
昨シーズンはチーム得点のほとんどがClaytonでしたが、今年はほかのメンバーも頑張ってくれています。

今のところDF、FWともに高さを売りにできる選手がいないため、セットプレイにほとんど期待できない状態なので、その辺の補強を模索中‥

さいごに、念願の守備的MFの補強
DMF
何人も断られた末に移籍期間ぎりぎりにやっととれた選手です。
とってすぐに、スタッフミーティングでステータスを「不要な選手」に変えましょうと提案された可哀そうな奴です。。でも古代米監督はお前に期待してるぞぉぉ~~><b

2013シーズン開始前のおまけ

おまけ1
なんと!ジリンガムが昇格してきましたw
junnihyou.jpg

今シーズン「負けられない戦いがそこにある!」聞きなれたフレーズが身近なものに。><
シーズンを戦い抜く楽しみが一つ増えました。

おまけ2
次代のホープ
Nigel McIntosh
Nigel McIintosh
もちろん 可能な限り最長の契約オファー出してますww
充分スタメンで通用しそうですが、Ckytonもいるのでレンタル移籍に出ています。
来シーズンは16歳ながらトップチームのストライカーとなるかも‥

以上です。
ご清聴ありがとうございました。^^

2012-2013 ふりかえり

昨シーズンの戦術(?)と選手を紹介します
2012y12m03d_010000787[1]

4-1-2-2-1を採用しました。
「しっかり守り、DFの裏へのパスにクライトンが反応する」
これがチーム「ぽっぽや」唯一無二作戦でした。
オプションの戦術?そんなもの準備してませんよ!古代米監督は不器用ですからw
‥‥はい。わかっています。されが今季昇格を逃した理由です。
来年はもう少し戦術工夫します。m(__)m

続いきまして、そんな監督についてきてくれた選手の紹介です。^^
キー選手だけですが><

Max Clayton(U--19)
2012y12m03d_010243223[1]
2012y12m03d_010454033[1]
言わずと知れたチーム「ぽっぽや」の若きエース。
リーグ1で2位となる29得点もマークするストライカーです。DFの裏へ抜ける動きはピカイチ。サイドに追いやられても、そこからキラーパスを入れる事もたまにあります。しかしリーグ後半はマークが厳しくなり、得点のペースが落ちてしまいました。来年も彼の働きに「ぽっぽや」の浮沈はかかっています。

Michael West
2012y12m03d_022840036[1]
2012y12m03d_022850232[1]
高いひらめきと創造性をもつファンタジスタ?
フィジカルが高くないのでサイドからの崩しを期待しましたが、アシスト13‥ふむふむ。
パス成功率65%??ファンタジーあふれるパスにまわりが反応できなかったのか??
来シーズンはじまるまでに少し起用法を再考する必要がありそうです。

Abdul Osman
2012y12m03d_010556745[1]
2012y12m03d_010628882[1]
チーム唯一の守備的MF
守備的MFできる選手が1人しかいないのに、アンカーを置く戦術を採用するという監督の暴挙に文句も言わず一年通してチームの背骨を支えてくれた功労者。大きな怪我や、安易な退場もなく大変感謝しています。
来シーズンは控えを補強しますぞ!

Mark Elills
2012y12m03d_010724813[1]
2012y12m03d_010736492[1]
守備陣の要
ときどきやらかすポカはご愛敬。^^; 高いフィジカルで敵のクロスを跳ね返し、CKでもターゲットとして体を張ってくれました‥結果に結び付かなかったのは‥‥
補強などの結果DF陣の平均年齢が低いので、DFかGKにベテランを補強して落ち着きを加えようかと思案中。。

シーズン中に補強した選手たち。
Danny Racchi
2012y12m03d_031917165[1]
プレミアムリーグKilmarnockから7.5Mで獲得した中盤CMFの控え
ん~まぁまぁの働きだったのかな。チームの調子が落ちた時期に加入した選手でした。
チームに勢いを与えるほどの影響もなく淡々と中盤をこなしてくれた感じですかね。

Darnell Fisher(U-19)
2012y12m03d_010843397[1]
プレミアリーグCelticから1.4Mで獲得した左サイドバック。
しかし、CMFにも適任であったため、中盤でボールを追いかけまわす役割を担うことに。
強靭さに欠けるものの、持ち前のスピードとそこそこの守備スキルで献身的に働いてくれました。
中盤の補強に成功すれば、本来の左サイドで持ち前のスピードを生かせるかも。。

Daniel Devine(北アイルランドU-21)
2012y12m03d_010916741[1]
同じリーグのPrestonから自由移籍で獲得した北アイルランドU-21代表のCB。
若さも見えるものの将来性を考慮してスタメン起用しています。

ほかにも2人ほど獲得していますが‥失敗でしたね。
そのうちに移籍(放出)ネタといて登場する事でしょう。

最後に期待の若手がユースに入ってきました。
Nigel MchIntosh
2012y12m03d_011130566[1]
着実に育てば、クライトンの亡き後を任せられると古代米監督から期待されるホープです。
(クライトンの評価額が400Mと跳ね上がっています。いい条件のオファーがあった時に、引き止められる気がしない

さぁ これでやっとシーズンオフに入れます。

おまけ 現在 リーグ2のプレイオフ決勝にGillsの名前がww
来シーズン対戦できることになるのかドキドキです。
OxfordはそのGillsにプレーオフ準決勝で敗れております
02 | 2020/03 | 04
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

古代米監督

Author:古代米監督
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR